中絶手術など産婦人科専門の
新宿レディースクリニック

東京院・池袋院のご案内

  • 渋谷レディースクリニック
  • 東京レディースクリニック
  • 池袋レディースクリニック
  • さいたまレディースクリニック
  • 上野レディースクリニック

WEB問診表

クリニック情報

診療日・診察日

院内フロアマップ

ご予約について

アクセスマップ

薬局マップ

紹介病院

スタッフ募集

中絶手術なら東京・新宿の産婦人科 新宿レディースクリニックTOP
 > 婦人科・産婦人科での中絶手術とは  > 初期中絶と中期中絶の違い

初期中絶と中期中絶の違い

中絶手術は妊娠12週(妊娠3ヶ月)未満の初期と、妊娠12週(妊娠4ヶ月)以降の中期とでは手術方法がまるで違ってきます。しかも妊娠 12週以降に中絶した場合は、役所に「死産届」を出さなくてはなりません。手術が可能なのも法律で妊娠21週6日までと決められており、満22週以降の中絶は禁止されています。まずは正確な週数を調べる為にも、ご来院されることをおすすめします。

妊娠12週を超える場合の中絶は中期中絶とよばれ、通常の手術による方法ではなく、薬剤により陣痛をおこし、出産形式で中絶を行う方法が一般的です。その場合は、陣痛(子宮収縮)発現に個人差が生じるため、通常2~5泊ほど入院せざるを得ないことが多いです。

当院で人工妊娠中絶手術を日帰りで行える可能週数は、妊娠5週から12週未満までです。